通信制が支持される理由|医学部の予備校に通えば夢が叶うようになる

医学部の予備校に通えば夢が叶うようになる

ウーマン

通信制が支持される理由

女の人

通信制が増える中で

東京都内では、最近になって通信制高校の数が増加する傾向にあります。その理由の多くが、これまで通信制のサポート校であった機関が、正規の通信制高校に格上げしているという現状があります。東京にある通信制高校の殆どは選抜試験を行っていないので、比較的楽に入学できることが人気を高めています。また、東京の事例のように、サポート校の格上げによってできた通信制高校は、高い教育技術を持っています。学力や発達に問題がある生徒に対しても、きめ細かい指導をしてくれます。そのような通信制高校は、全日制の高校に馴染めなかった生徒の受け皿としての役目も果たしています。東京の通信制高校に転入して、高校生活をエンジョイできるようになった生徒も大勢います。

勤務評定が単位取得に

東京都内の通信制高校では、ユニークなシステムを採用している所が数多くあります。その一例として、アルバイトをしている生徒が職場の勤務評定の写しを提出すると、一定の単位を取得できたことになるというものです。また、その仕事内容や感想をレポートにして纏めて、それを提出しても単位として認められます。これは、世の中の活動に関わることが勉強であるという姿勢に基づく考えから来ています。所謂教科書だけの勉強ではなく、ソーシャルスキルトレーニングを学びの一部と見ているのです。その観点から、アルバイトを続けることも勉強として認められるのです。アルバイト以外でも、社会参加の活動全般が単位取得の機会となることがあります。